So-net無料ブログ作成
検索選択

静岡県の島田市と牧之原市に位置する静岡空港が開港8周年を迎える [地方]

静岡県の島田市と牧之原市にまたがる形で存在している静岡空港が開港8周年を迎え、2017年6月3日から2017年6月4日までの日程で記念イベントを行っています。

静岡空港は富士山静岡空港という愛称を持ち、1998年(平成10年)11月に静岡県が起工式を行い本体工事が開始。2009年(平成21年)6月4日に、島田市と牧之原市の両方にまたがる静岡空港が開港しています。

静岡空港からの路線は国内線と国際線があり、国内線は北海道の札幌(新千歳、丘珠)、福岡、鹿児島、沖縄の各都市へ飛行。新千歳空港、沖縄空港と静岡空港を結ぶ便は全日本空輸が運航。丘珠空港、福岡空港、鹿児島空港と静岡空港を結ぶ便はフジドリームエアラインズが日本航空とのコードシェア便として運航を行っています。

また、国際線は中国(上海、武漢、寧波杭州)、台湾(台北)、韓国(ソウル)の各都市へ飛行(武漢は上海経由)。上海、武漢、寧波と静岡空港を結ぶ便は中国東方航空が、杭州線と静岡空港を結ぶ便は北京首都航空および中国東方航空がそれぞれ運航。台北と静岡空港を結ぶ便はチャイナ エアラインが日本航空、KLMオランダ航空とのコードシェア便として運航。ソウルと静岡空港を結ぶ便はエアソウルがアシアナ航空とのコードシェア便として運航を行っています。

第55回佐賀県高校総合体育大会で剣道男子団体は龍谷が4年ぶりの優勝 [スポーツ・ボクシング]

2017年6月3日における第55回佐賀県高校総合体育大会の2日目は、剣道など29競技を実施。剣道男子団体は龍谷が4年ぶりの優勝となっており、剣道男子個人は龍谷の谷口祥磨選手が同じく龍谷の藤田大征選手を破って優勝しています。

また、剣道女子団体は三養基が激戦を制し、剣道女子個人は同じく三養基の白水みつき選手が優勝となっています。
タグ:剣道

今年で110周年の亀の子束子がビームス、ユナイテッドアローズとコラボ企画 [企業・団体]

1907年(明治40年)に株式会社亀の子束子西尾商店の初代社長である西尾正左衛門氏により考案されてから110周年になる亀の子束子(たわし)が、株式会社ユナイテッドアローズやビームス ジャパンとコラボ企画を行うそうです。

この企画では、亀の子束子やユナイテッドアローズ、ビームス ジャパンにて復刻パッケージ版の亀の子束子や限定カラーの亀の子スポンジを販売。期間は2017年6月7日から7月4日までとなっており、それとは別日程でたわし作り体験ワークショップも開催されるとのことです。

〈亀の子束子の110年〉BEAMS、UNITED ARROWSとの限定コラボアイテムを発売
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/35881841/
タグ:イベント

ローソンが2017年6月6日からゴディバ‬とのコラボケーキを数量と期間を限定で発売 [新商品・サービス・ショッピング]

コンビニのローソンが高級チョコレートブランドであるGODIVA(ゴディバ‬)とのコラボレーションによるロールケーキを発売することを発表しています。2017年6月6日から3週間の期間限定で、なおかつ販売数は250万個限定となっているのは、「Uchi Cafe SWEETS×GODIVAショコラロールケーキ」で価格は税込395円。カカオが香るチョコレートクリームと濃厚なチョコレートガナッシュをチョコレートのスポンジケーキで包んだ一品になっているそうです。

今後もローソンではゴディバ‬との限定コラボ商品を出していく方針のようなので、チョコレート好きの人には嬉しい企画商品がこれからも出てきそうです。

湖池屋のポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」が販売再開 [新商品・サービス・ショッピング]

あまりの売れ行きの良さゆえに販売中止となっていた湖池屋のポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」が2017年5月29日から販売を再開しています。「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」は、2017年2月から「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズとして湖池屋が売り出したポテトチップスの1つでしたが、予想以上の売れ行きとなったため同月中旬に早くも販売中止となっていました。

2016年の台風10号がもたらした、北海道産のじゃがいも不足により一部商品が販売休止となっている湖池屋ですが、「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」については要望の多さなどから今回の販売再開に至ったようです。
タグ:サービス

日本航空が一部便の機内食で専用のモスバーガーの焼肉ライスバーガーをポテコ付きで期間限定提供 [鉄道・飛行機・バス]

日本航空が2017年6月1日から8月31日までの間、モスバーガーとのコラボによる「AIR MOS 焼肉ライスバーガー」を一部便の機内食として提供することを発表しています。

これまでも日本航空とモスバーガーのコラボ機内食の提供は行われており、今回の「AIR MOS 焼肉ライスバーガー」の場合は、専用の餅粉入りライスプレートで焼肉を挟んだ一品。モスバーガーの店舗で食べることをイメージして、サイドメニューにはフレンチフライポテトの代わりに、限定パッケージ入りの「ポテコ」も添えられているそうです。

提供される路線は、成田からボストンやニューヨーク、ロサンゼルス、バンクーバー、フランクフルト、パリ、シドニーなどの各都市へ向かう便、羽田からサンフランシスコやロンドン、パリなどの各都市へ向かう便などといった日本航空の国際線における欧米豪路線(一部提供しない便もあり)。プレミアムエコノミークラスまたはエコノミークラスにおいて、到着前の食事(2食目)で「AIR MOS 焼肉ライスバーガー」が味わえるとのことです。

手塚治虫デビュー70周年を記念した鉄腕アトムの機械式腕時計が数量限定発売 [放送・文化・エンターテイメント]

漫画家として一世を風靡し、アニメーションの分野でも大きな足跡を残した故・手塚治虫のデビュー70周年を記念した鉄腕アトムをモチーフにした機械式腕時計が、インペリアル・エンタープライズ株式会社から数量限定で発売されています。

この腕時計は手塚プロダクションがデザインの監修を行っているとのことで、インペリアル・エンタープライズ株式会社のブランドである『PREMICO(プレミコ)』にて合計999個までの限定取り扱い品。注文した商品の発送は2017年6月下旬ごろの予定だそうです。

商品特設サイト
https://iei.jp/tezuka70watch/

手塚治虫は1928年(昭和3年)11月3日に生まれ、大阪帝国大学附属医学専門部を卒業して医師免許を取得。のちに奈良県立医科大学で医学博士号を取得しています。

漫画家としてのデビュー作品は1946年の4コマ漫画『マアチャンの日記帳』。1961年に手塚プロダクションに動画部を設立してアニメーションの制作を開始。1962年に「虫プロダクション」と改名した動画部は、同じ年にテレビアニメーションシリーズ『鉄腕アトム』の制作を手がけています。また、虫プロダクションからは多くのアニメーション作成の手法が編み出されたほか、人材も多く輩出されています。

マクドナルドのマックフルーリーが森永ミルクキャラメルと期間限定でコラボ [新商品・サービス・ショッピング]

日本マクドナルドが全国の店舗で、「マックフルーリー 森永ミルクキャラメル」を2017年5月31日から期間限定で発売することを発表しています。

マックフルーリーは、マクドナルドにて登場してから10周年になるデザートメニューであり、今回の「マックフルーリー 森永ミルクキャラメル」は昨年発売された「マックシェイク 森永ミルクキャラメル」が好評だったことから生まれたメニュー。濃厚なソフトクリームにキャラメルソースとキャラメルクランチを組み合わせ、さらに隠し味に塩をプラスすることで、口溶けよくキレのある一品に仕上がっているそうです。
タグ:飲食店

比嘉大吾選手が世界ボクシング評議会(WBC)世界フライ級新王者に [スポーツ・ボクシング]

世界ボクシング評議会(WBC)世界フライ級タイトルマッチが2017年5月20日に行われ、元世界チャンピオンの具志堅用高氏が会長を務めている白井・具志堅スポーツジムに所属している世界ボクシング評議会世界フライ級タ1位の比嘉大吾選手がファン・エルナンデス選手と対戦しました。

前日に行われた公式計量で、ファン・エルナンデス選手が規約の体重をオーバーしたことにより王座はく奪になるというハプニングが発生。それにより、比嘉大吾選手が勝利した場合はそのまま新王者となり、そうでなければ王座は空位になるということことになった今回の試合。序盤はファン・エルナンデス選手がポイントをリードしていたものの、第5ラウンドでダウンを奪った比嘉大吾選手が、第6ラウンドも何度もダウンを奪い、TKOで決着に。愛弟子の快挙で具志堅用高氏も嬉し涙を流していたようです。
タグ:ボクシング

エアバスA320の運航会社評価でスターフライヤーが最優秀運航賞に [鉄道・飛行機・バス]

航空機メーカーのエアバスが行っている、同社のジェット旅客機であるエアバスA320を運航している航空会社の評価でスターフライヤーがワールドワイド・中小規模エアライン部門で最優秀運航賞に輝いています。

エアバスA320は1987年に初飛行を行っており、座席数は150席程度のボーイング社のジェット旅客機であるボーイング737と同規模のジェット旅客機。運用開始は1988年にエールフランスにて実施。現在、エールフランスのほか、LCC(格安航空会社)のエアアジア、ジェットブルーなどが運航。日本では、スターフライヤーのほかに全日本空輸(全日空、ANA)が運航を行っています。

スターフライヤーは福岡県の北九州空港を拠点にしている航空会社で、羽田空港―北九州空港便などを運航。全日本空輸を傘下に持つ持ち株会社であるANAホールディングスが筆頭株主。一部の便を除いて全日空とのコードシェア(共同運航)を行っています。

エアバスではエアバスA320の運航を行っている航空会社を対象にした表彰を3年に1度のペースで実施。今回、2015年12月から2016年11月までにおける定時出発率がスターフライヤーの場合、99.86パーセントと高い水準であったことなどが評価されたそうです。