So-net無料ブログ作成
検索選択
事件・トラブル ブログトップ
前の10件 | -

チケットの高額転売問題対策としてイープラスが2018年までかけてSMS認証を段階的に導入 [事件・トラブル]

大きな問題となっているチケットの高額転売問題における対策として、2017年6月29日からイープラスが携帯電話によるSMS認証を段階的に導入しています。

近年、一部のチケット購入者によって、ルール違反となる営利目的などのチケットの大量買い占めによって人気イベントや公演などにおけるチケットが本来の価格よりも高い金額で再び販売され、本当に行きたい人が購入できなくなるケースが多発しており、主催者やチケット事業者が対策に追われる事態に発展するほど問題が先鋭化。また、その対策としてシステムや購入方法の複雑化が生じ、会場などでの入場手続きの厳格化も発生していることから主催者やチケット事業者の負担が増しているほか、それに伴い入場トラブルの発生も見受けられるようになっています。

そこでイープラスでは、会員登録のタイミングで転売を防止すれば問題の根本的解決につながる可能性があるとの考えで携帯電話によるSMS認証の導入を開始。既に2017年6月29日から新規の会員登録などについてはSMS認証が行われるようになっており、既存会員のチケット購入などについても2018年1月18日までに段階的にSMS認証の対象になっていく予定とのことです。

共通テーマ:趣味・カルチャー

ゴルゴ13が日本の外務大臣からの依頼で海外での安全指南を行うという冊子を外務省が配布 [事件・トラブル]

さいとう・たかを氏原作の人気コミックである「ゴルゴ13」の主人公ゴルゴ13(デューク東郷)が、日本の外務大臣からの依頼を受けて中小企業経営者向けに最低限の海外での安全対策を指南するという内容のマニュアルの配布を2017年6月30日から外務省が始めています。

これはバングラデシュの首都ダッカで現地時間で2016年7月1日、7人の武装勢力が外交関連施設が多数存在するグルシャン地区のレストランを襲撃したテロ事件であるダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件で日本人7人が犠牲となったことを契機に、外務省が安全意識向上のため同省公式サイトにて2017年3月から6月まで連載を行っていた「海外安全対策マニュアル」を冊子化したもので、外務省では10万部を発行。全国の中小企業団体中央会などを通じて企業に無料で配布されるほか、海外に向かう個人向けに空港での配布予定もあるそうです。

ゴルゴ13は、各国の諜報機関などが一目置く凄腕の狙撃手(スナイパー)として官民を問わず要人暗殺などで暗躍しているという設定から、当初、外務省では「起用」に難色を示す向きもあったものの、「ゴルゴ13」の読者層が一般的な中小企業経営者層と重なることや知名度から「採用」となったのだとか。

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html
タグ:海外

共通テーマ:キャラクター

小説『ハリーポッター』シリーズ作者のJ・K・ローリングさんの原稿が盗まれる [事件・トラブル]

映画化もされ世界中にセンセーションを巻き起こした人気小説である『ハリーポッター』シリーズの作者であるJ・K・ローリングさんの原稿が盗まれ、現地の警察も乗り出す事態となっています。

この原稿は『ハリーポッター』シリーズの外伝的な内容で、A5サイズのポストカードにJ・K・ローリングさんにより手書きされたもの。もともとはチャリティーオークションへの出品用に執筆されたもので、警察によるとそのオークションで落札した人物の自宅から盗まれてしまったとのことだそうです。

この事態にJ・K・ローリングさんは、Twitter(ツイッター)上で盗んだ原稿を返してくれるようにお願いするツイートを投稿。それにより事態を知ったハリポタファンの間でも大騒ぎになっているそうです。

共通テーマ:

新型旅客機ボーイング737MAXが試験飛行を中止 [事件・トラブル]

アメリカの大手航空宇宙関連メーカーであるボーイングが、最新型旅客機であるボーイング737MAXの試験飛行を中止したことを発表しています。

ボーイングによると、この措置はボーイング737MAXのエンジンに品質上の懸念が生じたためとしており、注文を受けた航空会社への納品や生産への影響は無いと同社は表明。しかしながら、ボーイングが受けた注文にはLCC(格安航空会社)の大口契約もあり、航空会社によっては機体の引き渡しに遅れが生じるのではとの見方もあるようです。

共通テーマ:ニュース

システム障害でビットコインの儲けが無効になり不満噴出 [事件・トラブル]

仮想通貨のビットコインに関する取引所サービスを運営している「coincheck(コインチェック)」の対応をめぐり、ネット上で不満の声が噴出する事態となっています。

2017年5月9日、コインチェックの取引サービスにて、それまで20万円前後になっていたビットコインの価格が約100万円近くまで急上昇。ところが、コインチェックではこれをシステム障害としてサービスを一時停止。再開後にシステム障害が起きていたとする時間帯の取引を、成立していたものも含めて詳細説明なしで全て無効としたことから取引参加者の不満が爆発。その一方で、対応に追われたコインチェックの関係者に同情する向きもあり、コインチェックでは詳細については現在発表の準備中としているそうです。

共通テーマ:マネー

「食べログ」投稿削除訴訟、札幌高裁でも飲食店側敗訴の判決 [事件・トラブル]

【「社会的な相当性があれば、それにより損失を受けても甘受すべき」】
2015年6月23日、飲食店経営の男性が、飲食店に関するインターネット上の投稿サイト「食べログ」への書き込みが原因で経営している店の来客数が激減したとして、「食べログ」の運営会社に書き込みの削除を求めていた裁判で、札幌高裁が飲食店経営者の訴えを棄却した。

判決理由は、「社会的な相当性を持つ投稿であるのなら、損失が生じてもそれは甘受すべき」というもの。

【札幌地裁でも飲食店経営者が敗訴】
これは、前述の理由で2012年12月ごろから飲食店経営者が「食べログ」の運営会社に書き込みの削除を求めていたものの、運営会社が応じなかったことから訴訟に発展。

2014年9月4日の札幌地裁での判決では、原告側が個人事業主ではなく法人であることを理由に、個人の場合とは違い自己の情報に関するコントロールの権利はないとした上で、他人による表現やそれによって得られる情報を意図的に制限することになりかねないとの理由で飲食店経営者の訴えを棄却。これを不満とした飲食店経営者が控訴していた。

共通テーマ:パソコン・インターネット

IP電話の“乗っ取り”による高額請求被害が急増 約500万円を請求されたケースも [事件・トラブル]

【セキュリティの甘い法人顧客に多発】
通信の途中経路にインターネット回線を利用することで利用料金を安くしているIP電話において、“乗っ取り”を受けて国際電話などをかけられ、高額な料金を請求されるケースが急増しているという。

これは不正アクセスにより回線と電話をつなぐ交換機が「攻撃」を受けて乗っ取られてしまい、不正に国際電話などをかけられてしまうという手口であり、特に交換機のIDやパスワードを初期設定のままで変更せずに使用しているようなセキュリティ意識の希薄な法人顧客に被害が集中。中には約500万円の請求を電話会社から受けたケースもあるとのこと。

【NTT東日本/NTT西日本は対抗策を検討】

続きを読む



共通テーマ:パソコン・インターネット

りそな銀行で芸能人顧客の個人情報が漏洩 [事件・トラブル]

【来店理由などがツイッターに投稿される】
りそなホールディングス傘下の大手銀行であるりそな銀行において、顧客として来店した芸能人の個人情報が漏洩する騒ぎがあり、この件についてりそな銀行が謝罪をしている。

これはアイドルグループ関ジャニ∞のメンバーである大倉忠義さんがりそな銀行中目黒支店に来店した際に、来店理由などを同支店スタッフが家族に漏洩。漏洩された家族がそのことをツイッターに投稿したことから大騒ぎとなったもの。

【個人情報漏洩者は常習犯の疑いも】

続きを読む



共通テーマ:パソコン・インターネット

「黒子のバスケ」脅迫事件 警視庁が犯人逮捕と発表 [事件・トラブル]

警視庁捜査1課は2013年12月15日、人気マンガの「黒子(くろこ)のバスケ」に関する商品を扱う店舗などに販売中止を求める脅迫文が送りつけられていた事件で、大阪市の職業不詳の36歳の男を威力業務妨害容疑で逮捕したと発表した。男は容疑を認めているという。

続きを読む



共通テーマ:コミック

韓国のHANMAG投資証券が誤注文の決済資金用意できず、事実上の倒産の見通し [事件・トラブル]

韓国の総合株価指数(KOSPI)オプション市場での誤注文により多額の損失を出したHANMAG投資証券が、事実上の倒産となる見通しとなっている。

2013年12月12日、HANMAG投資証券はKOSPI12月物のコールオプションとプットオプションにおいて、誤って相場よりはるかに低い値段か、逆に高い値段で売り注文を出してしまい、約3万6000件の取引が成立したことで約460億ウォン(約45億円)の損失が発生。

続きを読む



共通テーマ:
前の10件 | - 事件・トラブル ブログトップ