So-net無料ブログ作成
スポーツ・ボクシング ブログトップ
前の10件 | -

第65回関西学生剣道優勝大会、第41回関西女子学生剣道優勝大会はそれぞれ大阪体育大学、関西学院大学が勝利 [スポーツ・ボクシング]

2017年9月10日に大阪市中央体育館で第65回関西学生剣道優勝大会および第41回関西女子学生剣道優勝大会が行われ、男子決勝は大阪体育大学の、女子決勝は関西学院大学の勝利となりました。

今回、男子決勝は大阪体育大学と近畿大学、女子決勝は関西学院大学と大阪教育大学の対戦となっています。
タグ:剣道

共通テーマ:スポーツ

WBO(世界ボクシング機構)ライトフライ級王者の田中恒成選手、田口良一選手との統一戦が白紙になる可能性 [スポーツ・ボクシング]

WBO(世界ボクシング機構)世界ライトフライ級王者の田中恒成選手について、年末に想定されていた田口良一選手との統一戦が白紙になる可能性が浮上しています。

2017年9月13日に行われたタイトルマッチで王者の田中恒成選手はパナンポン・CPフレッシュマート選手と対戦。田中恒成選手は第1ラウンドでダウンを奪われ第4ラウンドでは右まぶたを切られるなど劣勢だったものの、第5ラウンドから反撃に転じ第9ラウンドでレフェリーストップによるTKO勝ちでタイトル防衛に成功。その後、不調を訴えて病院で検査をしたところ、左眼窩底骨折の疑いがあるとの結果に。年末に想定されていたWBA(世界ボクシング協会)ライトフライ級王者である田口良一選手との統一戦が白紙になる可能性も出ているようです。
タグ:ボクシング

共通テーマ:スポーツ

4階級制覇のボクシングのローマン・ゴンサレス(ロマゴン)選手が初のKO負け [スポーツ・ボクシング]

2017年9月9日(日本時間では10日)にアメリカ・カリフォルニア州で行われた、ローマン・ゴンサレス選手対シーサケット・ソールンビサイ選手の世界ボクシング評議会(WBC)世界スーパーフライ級タイトルマッチは、ローマン・ゴンサレス選手の戦績で初となるKO負けという結果に終わりました。

2017年3月の試合でシーサケット・ソールンビサイ選手にタイトルを奪われていたローマン・ゴンサレス選手にとってはダイレクトリマッチとなる今回の試合でしたが、第4ラウンドで2度のダウンでレフェリーが試合が試合をストップ。今回で48戦目の試合となったローマン・ゴンサレス選手には初のKO負けとなりました。

タグ:ボクシング

共通テーマ:スポーツ

佐賀県佐賀市の佐賀県総合体育館で全国中学校剣道大会 [スポーツ・ボクシング]

佐賀県佐賀市にある佐賀県総合体育館を会場として、全国中学校剣道大会が2017年8月18日から20日までの日程で行われています。

18日に行われた開会式では佐賀市にある大和中学校の山口選手と古川選手が選手宣誓をしており、また、地元勢からは個人戦で男女それぞれ4名が、男子団体戦に大和中学校と三瀬中学校、女子団体戦に大和中学校と神埼中学校が出場。19日に団体戦が行われ、20日に個人戦と団体戦の準々決勝から決勝までを行うことになっているそうです。
タグ:剣道

共通テーマ:スポーツ

第52回全国道場少年剣道大会が日本武道館で行われる [スポーツ・ボクシング]

2017年7月25日から26日までの日程で、東京・日本武道館を会場として全日本剣道道場連盟主催による第52回全国道場少年剣道大会が開催されました。

この大会は出場チームが学校ごとではなく町の道場単位となっているのが特徴で、今回は全国の予選を勝ち抜いた978チームが参加。試合の方は、25日に小学生の部で、26日に中学生の部でそれぞれ団体戦が行われ、小学生の部は愛知県の洗心道場が、中学生の部は熊本県の九好会がそれぞれ優勝となっています。
タグ:剣道

共通テーマ:スポーツ

ボクシングの内山高志選手が引退表明 [スポーツ・ボクシング]

WBA(世界ボクシング協会)世界スーパーフェザー級前スーパー王者の内山高志選手が引退を表明しています。

内山高志選手は2010年1月に世界ボクシング協会世界スーパーフェザー級王者に、2015年2月には日本人では初のスーパー王者となり、国内歴代3位である11回のタイトル防衛を果たした後、2016年4月にジェスレル・コラレス選手に敗れ12回目の防衛に失敗。同年12月に同選手と再戦したもの、敗れていました。

もうモチベーションを維持できなくなっていたようですし、本人もふっきれたのか、笑顔での引退表明になったようです。
タグ:ボクシング

共通テーマ:スポーツ

世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチで木村翔選手が鄒市明選手に勝利 [スポーツ・ボクシング]

2017年7月28日に中国で行われた世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチにおいて、挑戦者の木村翔選手がチャンピオンの鄒市明選手に敵地で勝利となりました。

世界初挑戦の木村翔選手が挑んだ鄒市明選手は、2008年の北京オリンピックと2012年のロンドンオリンピックでボクシングにおいてライトフライ級2連覇を達成した猛者。しかも今回のタイトルマッチは相手のホームグラウンドでもある中国での開催でしたが、木村翔選手は第11ラウンドでTKOで勝利をものにしています。
タグ:ボクシング

共通テーマ:スポーツ

ボクシングのWBA世界ライトフライ級タイトルマッチで田口良一選手が6度目の防衛 [スポーツ・ボクシング]

2017年7月23日に行われた世界ボクシング協会(WBA)世界ライトフライ級タイトルマッチで、チャンピオンの田口良一選手が挑戦者で同級1位のロベルト・バレラ選手をTKOで下し6度目の防衛に成功しています。

第1ラウンドからいきなり主導権を取ろうとしたロベルト・バレラ選手に強打を効かせた田口良一選手は、その後も主導権を握り、第9ラウンドの連打でレフェリーが試合をストップ。圧倒的な試合内容で6度目の防衛となりました。

タグ:ボクシング

共通テーマ:スポーツ

世界ボクシング機構(WBO)タイトルマッチでマニー・パッキャオ選手がジェフ・ホーン選手に敗れる大番狂わせ [スポーツ・ボクシング]

2017年7月2日にオーストラリアのブリスベンで行われた世界ボクシング機構(WBO)世界ウエルター級タイトルマッチは、世界6階級という複数階級制覇達成の実績があるチャンピオンのマニー・パッキャオ選手が、同級1位で挑戦者のジェフ・ホーン選手に判定で敗れるという大番狂わせになりました。

この試合では、積極的にパンチを繰り出すジェフ・ホーン選手にマニー・パッキャオ選手がペースをつかめないまま推移し、後半にマニー・パッキャオ選手が反撃に出る場面もあったものの、またジェフ・ホーン選手の進撃が始まるという展開に。結局、0―3の判定でジェフ・ホーン選手の勝利となり、同選手が世界レベルでの実績がなかったこともあって、マニー・パッキャオ選手のKO勝ちではと予想されていたものの、結果は世界のボクシングファンを驚愕させた番狂わせになっています。

タグ:ボクシング

共通テーマ:スポーツ

2017年度春季関西医歯薬学生剣道大会で岡山大学医学部が男子団体で優勝 [スポーツ・ボクシング]

2017年度春季関西医歯薬学生剣道大会において、男子団体で岡山大学医学部が優勝となっています。

2017年6月18日に大阪大学吹田キャンパス体育館で行われた男子団体の決勝戦で、岡山大学医学部は金沢大学医学部と対戦。3―1で岡山大学医学部が優勝となり、金沢大学医学部は準優勝という結果になっています。また、今回岡山大学医学部はOB団体で準優勝という結果も残しています。
タグ:学校 剣道

共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - スポーツ・ボクシング ブログトップ