So-net無料ブログ作成
検索選択
就職・転職・ワークスタイル ブログトップ
前の10件 | -

人の交代で3年の期限撤廃、専門26業務の特例もなしに 労働者派遣法改正案が衆議院を通過 [就職・転職・ワークスタイル]

【派遣会社は受け入れ期限に達した労働者への対応が義務化】
現行の労働者派遣法に対する改正案が2015年6月19日に衆議院を通過した。

今回の法改正のポイントとしては、

(1)労働組合などの了承を得ることで、企業は対象者を交代させれば最長3年としている期限を超えて派遣労働者の受け入れが可能
(2)これまでは受け入れ期限を無制限としていた通訳などの専門26業務の特例を廃止し、このカテゴリーに属していた派遣労働者についても、受け入れ期限を最長3年までにする
(3)派遣元である派遣会社は、受け入れ期限に達した派遣労働者について、派遣先に直接雇用を依頼したり、自ら無期雇用したりすることなどが義務化される

などがある。

【現場からは早くも怨嗟の声】

続きを読む



共通テーマ:仕事

シャープからの希望退職者3,500人に対する同業他社や行政の対応が加速 [就職・転職・ワークスタイル]

【即戦力を求める同業他社】
業績不振により経営再建中のシャープが、2015年7月から予定している3,500人規模の希望退職実施において、退職者に対する同業他社の中途採用への動きや行政による再就職支援といった対応が加速している。

2009年に家電事業へ本格参入しているアイリスオーヤマでは、シャープの希望退職発表を受けて中途採用枠の拡大を決定。パナソニックやシャープを退職した技術者の採用拠点でもある家電開発拠点「大阪R&Dセンター」の規模を拡張する意向もあるという。

また、三洋電機の白物家電事業を買収した中国企業ハイアール傘下のハイアールアジアもシャープ退職の技術者を中途採用する方針とされるなど、複数の企業が主に技術者を対象に中途採用の意向を示している。

【人材流出の懸念も】

続きを読む



共通テーマ:求人・転職

「今後は見た目は関係ありません」とアバクロが従業員の採用基準を大転換し半裸モデルもやめに [就職・転職・ワークスタイル]

【過去には最高経営責任者(CEO)の「見た目重視」発言が問題になったことも】
アメリカのファッションブランドである「アバクロンビー&フィッチ」(以下「アバクロ」)が、従業員の採用基準について、これからは応募者の体型や感じられる魅力といった見た目の要素は判断しない方針とすることを発表している。

アバクロでは、昨年に退任となるまで長年に渡り最高経営責任者(CEO)を務めていたマイケル・ジェフリーズ氏が、アバクロの服はクールで見栄えの良い人にしか着てほしくないと発言して物議を醸したことがあるほど、従業員のスタイルにはこだわっていた。

【一部の例外を除き、半裸モデルの採用もなしに】

続きを読む



共通テーマ:求人・転職

第三者委員会の指摘により「すき家」が勤怠管理システムの導入を発表 [就職・転職・ワークスタイル]

【2015年秋ごろから全店で】
牛丼チェーンの「すき家」が、これまで紙ベースで行っていた勤怠管理をリアルタイムで把握できるようにするため、勤怠管理システムを導入することを発表している。

「すき家」の計画では2015年秋ごろから全店で導入する予定となっており、これにより深夜の1人勤務である「ワンオペ」などといった従業員の過重労働などを防止していくという。

【既に同業他社の多くは導入済】

続きを読む



共通テーマ:仕事

ワタミが転勤を伴わない「エリア限定社員」制度を本格導入へ [就職・転職・ワークスタイル]



【メリットの少なさからこれまでの登用数は10人程度】
居酒屋チェーンのワタミが2014年5月8日、転勤のない「エリア限定社員」を6月から
本格導入することを発表している。

ワタミでは「エリア限定社員」制度自体は既にあるものの、ボーナスがないなどメリットが小さいことからこれまでの登用数は10人程度となっていた。

6月からの本格導入からは、副店長以上への昇進も可能とするなど待遇を大幅に改善するという。

【今春の新入社員数が計画の半分に】

続きを読む



共通テーマ:仕事

グルメ杵屋がパートとアルバイトのうち約440人を正社員にする方針を発表 [就職・転職・ワークスタイル]



【人手不足に対応】
外食産業や小売業界での人手不足が深刻化している中で、外食大手のグルメ杵屋が今夏にも国内の店舗で働くパートとアルバイト従業員約8,700のうち約440人を正社員にする方針を発表している。

グルメ杵屋ではうどん店「杵屋」などを全国に約440店舗展開。各店で4~6時間程度の勤務の正社員を1人程度増やすことを検討しているとのことで、すでに候補者への面談を始めているという。

【大幅なコスト上昇にはならないと「計算」】

続きを読む



共通テーマ:求人・転職

伊藤忠商事が「朝型勤務」制度を本格的に導入 [就職・転職・ワークスタイル]



【夜の残業を無くす分、午前5時から仕事ができる朝型勤務制】
伊藤忠商事が2014年5月1日から「朝型勤務シフト」を正式に導入することを発表している。

これは、9時から17時15分までを基本的な勤務時間として20時を過ぎての残業は原則禁止とする分、5時から9時までの早朝勤務には時間外手当と割増金が支払われるというもの。

伊藤忠商事ではこの「朝型勤務シフト」を去年の10月かえあ試験的に実施していたが、今年の5月から国内勤務の約2,600人を対象に本格的に導入となった。

【残業代の支出が減り、電気使用量も削減】

続きを読む



共通テーマ:仕事

単なるマスコットではない企業ペットの存在 [就職・転職・ワークスタイル]

【社内のコミュニケーションが改善】
近年、ペットを飼う会社が密かに増加しているという。

もともと水槽などを置く会社は珍しくはないが、近年増えているのは、犬や猫などを飼っているというケースであり、またそういった企業ペットの役割は、単なるマスコット的なものにとどまらないのも特徴。

例えば、社内で猫を飼っているだけではなく、「ペット同伴制度」まであるペットフードのマース ジャパン リミテッドでは、制度導入後、利用している社員は少ないものの、自然と社員同士に会話が生まれ、コミュニケーションの改善に役立っているとのこと。

【アニマル・セラピー効果を狙う会社も】

続きを読む



共通テーマ:ペット

地方自治体も参戦 激しさを増す建設業界の人材争奪戦 [就職・転職・ワークスタイル]

【あと5年から6年は好況が続くとの見方もあり、人材不足が深刻化】
人手不足にあえぐ建設業界の人材争奪戦が激しさを増している。

東北復興需要に加えて、2020年のオリンピックの東京での開催が決定したことによって関連インフラの整備がこれから動き出すことを背景に、現場の人材不足は深刻化。また、この好況はあと5年から6年は続くとの見方も出ているほど。

【状況に拍車をかける自治体の採用拡大 採用合戦から一歩引くゼネコンも】

続きを読む



共通テーマ:求人・転職

就職が決まらないまま卒業となった若年者をハローワークが支援の動き [就職・転職・ワークスタイル]

大学や短大を、就職先が見つからないままで卒業となった若年者の就職活動の集中支援を、ハローワークが実施しているという。

全国に約60カ所の「新卒応援ハローワーク」では、1月から全国で合計約2,300人が在籍する専門指導員「ジョブサポーター」就職相談がスタート。

希望に沿った求人情報探しの手助けだけでなく、模擬面接や志望動機書の書き方に関するセミナーのほか、中小・中堅企業を集めた就職面接会といった企業と若年者のマッチングの場の提供も行っている。

続きを読む



共通テーマ:求人・転職
前の10件 | - 就職・転職・ワークスタイル ブログトップ