So-net無料ブログ作成
検索選択

ビットコインの取引一時停止が2017年7月23日に繰り上げに [企業・団体]

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、同協会に加入している仮想通貨の取引所運営会社13社が仮想通貨の1つであるビットコインの取引を2017年8月1日から一時停止するとしていたことについて、2017年7月23日に前倒しして取引の停止を実施することを発表しています。

ビットコインは、取引量の急激な拡大でその基盤システムとなっている「ブロックチェーン」(分散台帳)における処理に遅延が起きるようになっており、その対処方法をめぐって開発者側と取引の記録事業者間に対立が発生。基盤システムが複数に分裂する可能性が高まっており、実際に分裂した場合は混乱が予想されることから、顧客資産の保全優先を理由に日本仮想通貨事業者協会加入の13社は2017年8月1日から受け入れなどの一時停止を行うとしていました。

今回の発表は、もし分裂が起こる場合、それが早まる可能性が出てきたことによるものとされており、具体的な取引停止の内容やその期間は各社に任されるとのことです。
タグ:仮想通貨

共通テーマ:マネー