So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤマト運輸とディー・エヌ・エーが神奈川県藤沢市の一部で自動運転車による配送試験を開始 [企業・団体]

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)が、自動運転による配送サービスの実証実験「ロボネコヤマト」を神奈川県藤沢市の一部地域で2017年4月17日から開始しています。

対象地域は神奈川県藤沢市辻堂東海岸など。「ロボネコヤマト」の実験では専用車両が使用され、自動運転を想定しているものの、原則としてドライバーが乗車。ただし、荷物の受け渡しはせず、利用者は専用車両の中に設置されたボックスの中から自分で受け取りを行うことになっています。利用者は10分刻みで配達時間帯を指定して荷物の受け取りができ、対象エリア内であれば自宅以外での受け取りもできるそうです。

また、今回の実証実験では、地元の商店で扱っている商品をネットで注文して自宅まで運んでもらう買い物代行サービス「ロボネコストア」も合わせて実施。ヤマト運輸とディー・エヌ・エーでは2018年3月31日まで「ロボネコヤマト」「ロボネコストア」の実証実験を行うとしています。

共通テーマ:地域