So-net無料ブログ作成

アサヒ飲料が従来よりもさらに4度冷やせる自動販売機を展開へ [企業・団体]

「三ツ矢サイダー」「カルピスソーダ」などといったノンアルコールのソフトドリンクタイプの炭酸飲料などに関する自動販売機を設置しているアサヒ飲料が、これまでよりもさらに4度冷やした状態で商品を販売できる自動販売機を展開することを発表しています。アサヒ飲料によると、これまでの自動販売機は摂氏約5度に商品の温度を保っており、新型の自動販売機ではそれよりも4度下げることで摂氏1度での商品の販売が可能になるとのことだとか。

これは炭酸飲料がもっとも売れる夏において、消費者の意識が炭酸の強さと爽快さを炭酸飲料に求めているとの調査結果に対応したものだそうです。

その一方で、アサヒ飲料では約20度の常温に保った商品を販売する自動販売機も展開。体を冷やしたくないという要望を持つ人などから支持を受けているとのことで、アサヒ飲料では強冷却タイプとともに、常温タイプの自動販売機も並行して展開していくとのことです。
タグ:サービス

共通テーマ:ショッピング