So-net無料ブログ作成
検索選択

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行の2行がSMS悪用によるパスワード詐取への注意を呼びかけ [インターネット]

【パスワードの更新を求めるメッセージで偽サイトに誘導】
電話番号だけでメッセージ送信が可能なショートメッセージサービス(SMS)を悪用し、パスワードの更新を求めるメッセージを多数のスマホ(スマートフォン)に送信し、偽サイトに誘導してパスワードを入力させてそれを盗み取ろうとするという行為が相次いでいるという。

ネットセキュリティ会社では、このような手口は海外で横行しており、今後、日本でも増える可能性があると警鐘を鳴らしている。

【三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行の2行が注意を喚起】
これまでに、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行を装ったメッセージや偽サイトの例が確認されており、6月に入ってから顧客からの問い合わせを受けるようになったことで、両行では公式サイトで注意を喚起しているとのこと。

また、フィッシング対策協議会では、もし誤って偽サイトでパスワードなどを入力してしまった場合、各金融機関に相談するよう呼びかけている。


共通テーマ:パソコン・インターネット