So-net無料ブログ作成

企業が販売促進に活用 YouTubeで稼ぐ 「ユーチューバー」に熱い視線 [インターネット]



【YouTubeへの投稿動画がヒット商品を生み出すケースも】
動画投稿サイトの「YouTube(ユーチューブ)」に自身が作成した動画を投稿し、投稿した動画に差し込まれる広告によって収益を得ている「ユーチューバー」と呼ばれる人たちに、熱い視線を注ぐ企業が増えているという。

特に人気の高い「トップユーチューバー」が、テレビCMとは異なる独自の表現で商品の使用感や楽しみ方など伝えた動画を配信したことがヒットにつながったケースも出ていることや、制作費用も低コストなことから、大手だけでなく中小企業の関心も高まっている。

【リクルートやHISがユーチューバーを起用】
既に旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)や求人情報サイト「フロム・エー ナビ」を運営するリクルートジョブズでは、ユーチューバーを起用した動画の配信を実施。

また、トップユーチューバーを育てることで、クライアントへの売り込みを図る企業も現れているという。



共通テーマ:パソコン・インターネット