So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪の「アリバイ横丁」が約60年の歴史に幕 [地方]

【工事により立ち退きを求められる】
大阪・梅田の地下通路の「阪神百貨店 ふるさと名産」が2014年3月29日で営業を終了したとのこと。

これは、地下通路の拡幅工事が行われる予定となり、大阪市から立ち退きを求められたことによるもの。

最盛期は41都道府県の名産品を販売する店が約200メートルに渡って並び、現地に行かなくてもその土地の土産が買えることで「アリバイ横丁」と呼ばれた場所は姿を消すことになった。

【営業終了日は3店舗のみ】
かつては30店以上が軒を連ねていた「アリバイ横丁」は、売り上げの減少や店主の高齢化によって近年は店舗数が激減。

最終日の営業は、島根県、鳥取件、そして長崎県と佐賀県の名産品を扱っていた3店舗のみとなったという。



共通テーマ:地域